ブログトップ

和歌山の田舎暮らし

nikonuser.exblog.jp

多趣味です。ドライブやツーリング、滝巡り、星空観察、ニャンコさん等々、写真と共にブログを更新していけたらと思っています。皆さん、どうぞ宜しくお願いします。

タグ:コンデジ ( 6 ) タグの人気記事


おはようございます。

昨晩、ほんの少し雪が積もっていたので、今朝起きてもしや・・・と外を見ると、白銀の世界が広がっていました。雪のほぼ無縁な暖かい南国和歌山でこんなに積もるとは。

家の前。

b0356221_08085962.jpg


家の裏。

b0356221_08085805.jpg


さくらんぼや柿の木。

b0356221_08085911.jpg


近所の人の梅の木。

b0356221_08085974.jpg



今年の寒波は本当に強烈ですね・・・。特に雪国の方々は日々大変かと思います。怪我や事故のないように気をつけてくださいね。


[PR]
by chibinosukechan | 2017-01-24 08:16 | 日常 | Comments(18)

遅ればせながら、皆さん明けましておめでとうございます!昨年はたくさんのコメントやいいねを頂き、ありがとうございました。今年も少しづつブログを更新できたらと思っているので、どうぞ皆さん宜しくお願いします!

正月から晴天率が高く、毎晩のように望遠鏡を出して星や月を見て楽しんでいます。数日前は2台の望遠鏡を出して、見え方の比較をしていました。

b0356221_20330028.jpg


最近のコンデジは、暗いところでもAFでピントが合ってくれるので助かります。オリオン座もバッチリ写ってます!

観察を終えて撤収する前に、アイピース(接眼レンズ)にコンデジを押し当てて、手持ちで月を撮ってみました。スマホでも撮れるのですが、やっぱりコンデジだと綺麗に写りますね。この日は上空の気流も安定していたので、思った以上に良く写ってくれました。

b0356221_20331258.jpg


月は何度見ても、撮っても飽きないです。


[PR]
by chibinosukechan | 2017-01-09 20:45 | 天文 | Comments(16)


ご無沙汰してます。こんばんは。

久しぶりの更新です。台風続きで、最近は本当に天気が不安定でしたね。2、3日前から気温が下がり、朝晩は一気に冷えるようになりました。

さてさて。先月、今月と撮っていた写真をペタペタと貼り付けたいと思います。

先ずは我が家周辺の星空です。

b0356221_20065595.jpg


画像リサイズの影響で画質がかなり劣化していますが、この辺りは街灯りが皆無なので、年中天の川が見える環境です。この日は三日月が出ていましたが、月明かりのない日だと天の川がコンデジでも簡単に撮れます。

b0356221_20192414.jpg
b0356221_20192474.jpg


これから星空観察には最高の季節がやってきます。蚊がいなくなったら、晴れたら毎晩のように望遠鏡を出して星空観察の日々です。楽しみです。


次の写真はこのブログの定番。滝です。先月、雨の日に修験の滝に行ってきました。何度行っても納得のいく写真が撮れていませんでしたが、その日は水量も多く、緑も良い感じで条件が整っていたので、ようやくお気に入りの写真が撮れました。

b0356221_20053594.jpg
b0356221_20044591.jpg



そしてここからは昨日友達と行ってきた場所ですが、先ずは十津川村の清納の滝です。

b0356221_20065509.jpg


連日の雨で水量がものすごく、滝つぼに行った瞬間、ものすごい寒さでした。半袖の友人は寒すぎて震えていました(笑)

この後、世界遺産熊野古道の、百間ぐらに行ってきました。ここが熊野古道で一番美しい!と言う人も多い場所で、見事な眺めです。

b0356221_20065517.jpg
b0356221_20065584.jpg



いつもながら自然の写真ばかりとなりました。今度の休みは2ヶ月ぶりにツーリングに行く予定なので、次回はツーリングブログを更新予定です!


[PR]
by chibinosukechan | 2016-10-11 20:33 | 写真撮影 | Comments(18)


昨日、昼から日本百選の滝のひとつである『桑ノ木の滝』を見に行ってきました。

上富田からの311号~168号は景色のとても良い快走路で、100kmと言う道のりも苦になりません。ツーリングでも良く通るルートです。

b0356221_14493503.jpg


あっという間に到着し、車を止めて、さあ出発!

b0356221_14501517.jpg


滝までは遊歩道が続いていて、800mほど歩きます。道中がこれがまた雰囲気が良くて素晴らしいんです。美味しい空気を吸いながら滝へと向かいます。

b0356221_14492365.jpg


途中、吊り橋があります。

b0356221_14492399.jpg
b0356221_14492351.jpg


魅力的な被写体がたくさんあるので、すぐに立ち止まってしまいます。

b0356221_14492220.jpg


何て美しい道・・・。緑に囲まれた道を歩いているだけで、日常の疲れを忘れさせてくれます。連休と言うこともあってか、ご家族で滝を見に行ってこられた方々ともすれ違いました。

b0356221_14502366.jpg


ここまで来ると、滝まではあと少しです。雨上がりなので少し滑ります。

b0356221_14502343.jpg


到着!あー。やっぱり何度見てもこの滝は素晴らしい・・・。

b0356221_14502350.jpg


少し望遠で。

b0356221_14504189.jpg


高速及びスローシャッターで。

b0356221_14502492.jpg
b0356221_14504151.jpg


川を渡って滝つぼの前で。

b0356221_14504199.jpg


落差は20mほどしかないのですが、幅や滝つぼが広く、迫力はかなりのものです。県内の百選の滝は那智の滝、桑ノ木の滝、先日ご紹介した八草の滝の3つですが、個人的にはこの中ではオススメ度ダントツ1位です。滝の下の部分の、岩を積み上げたような形状のお陰で、水の流れがとても美しいです。皆さんも和歌山に来られることがあれば、是非一度行ってみてください。

7時から用事があったので、1時間くらいで退散。帰り道の100kmは遠く感じます(笑)

今まで見向きもしなかった、国道沿いにある白見の滝も少しだけ見てきました。桑ノ木の滝を見た後だと、かなりしょぼく感じます。徒歩0分の滝は、やはり滝好きには物足りません。

b0356221_14503938.jpg

桑ノ木の滝の駐車場から車で少し走ったところにも素晴らしい滝があるようなので、次回はそこに行こうと思います。

[PR]
by chibinosukechan | 2016-09-18 15:21 | 滝巡り | Comments(18)


お昼から休みが取れたので、白浜町の日置川周辺の滝を見に行ってきました。

今回行ったのは、日本百選の滝のひとつである『八草(はそ)の滝』の周辺です。車を止めて、少し歩くと手彫りのトンネルが現れます。いつ見ても感動の光景です。

b0356221_21254797.jpg


岩の形がすごく特徴的で、見飽きない眺めです。

b0356221_21255363.jpg
b0356221_21255385.jpg


滝まではこのような道を歩いていきます。途中からは斜面で道幅も狭く、時々ちょっとヒヤっとする場所があります。

b0356221_21260245.jpg
b0356221_21260567.jpg


道中で、滝巡りの際のお決まり。今回もシマヘビ君を捕獲しました(笑)

b0356221_21254783.jpg


しばらく進んで、この橋まで来ると滝の音が聞こえてきます。

b0356221_21260870.jpg


が・・・。いつものことながら川の水は全くありません。今回も水量少ないのかな~と思いながら滝へと向かいました。

b0356221_21261173.jpg


滝の手前に大きな木があって、すごく絵になります。

b0356221_21261444.jpg


八草の滝に到着。

b0356221_21261887.jpg


やっぱりここは大雨の後に来ないと水量がありません・・・。でも途中で支流を渡らないといけないので、増水時は渡るのがちょっと厳しく、今ひとつパッとしない滝です。なんでここが百選に選ばれたのかな~。和歌山には他に良い滝がいくらでもあるのに・・・。

八草の滝を後にして、少し引き返し、隣の鍋津呂谷へと入りました。

b0356221_21262937.jpg


少し上流に行くと、目当ての滝に到着。水がとても綺麗です。

b0356221_21263837.jpg


以前来たことがあったのですが、その時はスマホしか持っていかなかったので、いつかリベンジしなければと思っていました。この滝は見る場所、角度によってころっと印象が変わります。水量も豊富で見ごたえがあります。小さくも、こんな素晴らしい滝が無名で全くと言うほど知られていないとは。すごい場所です。

b0356221_21263808.jpg
b0356221_21263819.jpg
b0356221_21263870.jpg


階段状で、簡単に滝の上に行けるのですが、今日はもう時間が無いので引き返して、下流の滝へ行くことに。

道中のあちこちで、昔の人が用水路を引くために、岩が砕かれています。

b0356221_21264506.jpg


手作業で想像を絶する苦労をされたことと思います。ここの谷は滝を楽しめるだけでなく、歴史を感じることが出来ます。

この下に滝があります。

b0356221_21264593.jpg
b0356221_21264576.jpg


滝つぼがものすごく濃い緑色です。ここの谷の滝は、斜めに傾いている岩が多く、不思議な感覚になります。水平間隔が狂い、岩に合わせると、写真が傾いてしまいます(笑)

僅か3時間ほどの滝巡りでしたが、マイナスイオンをたっぷり浴びてリフレッシュ出来ました。コンデジになってから滝巡りがとても身軽になりました。


[PR]
by chibinosukechan | 2016-09-12 22:10 | 写真撮影 | Comments(10)

 こんばんは。皆さん、お久しぶりです!

 お盆休みが無かったので、今日はかなり久々の休みでした。朝から熊野川に滝を見に行ってきました。

 と、その前に・・・。実は今月に入ってから、一眼レフの機材を全て手放しました。ニコン、キヤノンのダブルマウントでD4や7D2、レンズは望遠以外は単焦点を揃えて楽しんでいましたが、撮影を楽しむよりも物に拘っている自分に、そしてあまりにも物欲に支配されすぎている自分に嫌気がさして、思い切って全て処分しました。撮影はスマホと家族共用のコンデジのみとなりましたので、手ぶらも同然の身軽さです(苦笑)

 さて、今日はまず最初は、筆藪滝に行ってきました。

 林道の最終地点付近がものすごく道が荒れていました・・・。滝は車を止めてすぐのところにありました。初めて訪れました。

b0356221_19204145.jpg
b0356221_19204078.jpg
b0356221_19204099.jpg



 滝つぼが大きくてとても綺麗でした。水も美しく、泳いでみたいくらいでした!

 この滝から20~30分歩くと、今一番行ってみたい部屋滝という滝があるのですが、草がものすごいことになっていてマムシがいそうなので諦めました。また冬~春の間に行こうと思います。

 
 次に向かったのはすぐ近くにある宝龍滝。ブログでも何度か掲載した滝です(こちらをご覧下さい

 この辺りの滝はいつ来ても誰にも出会うことなく貸し切り状態ですが、今日は先客がいました。滝つぼの下流で釣りをされていました。鮎がのぼってきているようです。

 それにしてもここの滝は何度来ても素晴らしいです。

b0356221_19204174.jpg
b0356221_19204081.jpg


 写真の通り、前回同様水しぶきがすごかったです。もうかれこれ2ヶ月近く和歌山県南部ではまともに雨が降っていない地域がほとんどですが、やはり熊野の山は降水量が多いようで、いつ行っても水量が豊富です。

 お昼ご飯を食べに国道までの25kmの道のりを戻りましたが、その近辺にはお店が皆無に等しく、道の駅の隣のお店は人がいっぱいだったので、お昼を食べずに次の滝に向かいました。そこの道の駅から少し林道を走ったとこりにある、鼻白の滝です。

b0356221_19204104.jpg


 コンデジ(LX7)ではこれ以上望遠できないので、何か良い方法は無いか・・・と考えたところ、双眼鏡を使ってのスマホコリメート(コリメート=望遠鏡や双眼鏡の接眼レンズの部分にカメラを装着、もしくは押し当てて撮影すること)で撮影してみました。三脚も何も持って行ってないので、左手に双眼鏡を持ち、右手でスマホという手抜き撮影・・・。でもこれが思いの外よく写りました。簡易望遠レンズです(笑)

b0356221_19203957.jpg
b0356221_19203979.jpg


 ここの滝は林道を上に進むと、滝の落ち口へと行けます。落差83mの滝の落ち口からの眺めは素晴らしかったです。柵も何も無いので、見に行かれる方はお気をつけてくださいね。

b0356221_19203990.jpg



 ここから先も林道があるので、今日は探検気分でもう少し奥まで行ってみることにしました。すると・・・次々と滝が姿を現しました。

b0356221_19211139.jpg
b0356221_19211283.jpg
b0356221_19211208.jpg


 他にもたくさんの滝がありました。落差は低いですが、滑らかな流れで美しい滝ばかりでした。鼻白の滝より奥に行かれる方は滅多にいないと思うので、恐らくこれらの滝はほとんど知られていないと思います。このような無名でありながら綺麗な滝があちこちにある熊野川は、やはり滝の宝庫ですね。


[PR]
by chibinosukechan | 2016-08-21 20:02 | 写真撮影 | Comments(16)